島崎藤村 イベント「草枕」詩碑移設記念式典 このページを閉じる  
島崎藤村 草枕詩碑移設記念式典 は盛会の内に終了しました。ご協力ありがとうございました。

若菜集「草枕」詩碑 は青葉山城址から島崎藤村の思いの深い宮城野の地、
仙台市宮城野区名掛丁 藤村広場に移されました。




今、詩碑が語る人々の熱い思い、詩碑建立と、たびたびの詩碑移転のドラマ

  「初恋」で良く知られている若菜集「草枕」の一節が、南米へ渡航直前の島崎藤村の直筆による詩碑として、 昭和11年11月に仙台にて建立されました。
当初、島崎藤村の深い思いのある地、宮城野に建てたかったのですが軍用地の為に実現できず、宮城野を見渡せる八木山にご好意により置かれることとなりました。
  翌、昭和12年6月には建立の時に渡航中の為に立ち会えなかった島崎藤村もこの詩碑を訪れています。
  その後、昭和32年頃やはり「草枕」詩碑は宮城野がふさわしいとの藤村を慕う人たちの強い思いがあり移設が計画されましたがその時は実現出来ませんでした。
  昭和42年、八木山の開発が進み、詩碑のあった場所に八木山動物公園ができたりした事情により青葉山城址に移設されました。

そして、2007年、平成19年9月2日 ついに、藤村を慕う多くの人たちの熱意により藤村が思いを寄せた仙台「宮城野」「みやぎ野」へお迎えできることになったのです。

「お帰りなさい藤村さん」と題して、若菜集「草枕」詩碑 里帰り歓迎式典
         これはもうイベントと言うよりドラマです。


      島崎藤村「草枕」自筆の詩碑

若菜集「草枕」島崎藤村自筆の詩碑


式典及び講演会場 : 仙台駅東口 名掛丁 藤村広場 とうそんひろば
              (仙台市宮城野区名掛丁 地内 下記の地図参照)
開催日時       : 西暦2007年 平成19年9月2日(日曜日)
  式典の部 午前10時より   「草枕」詩碑 里帰り歓迎式典と記念イベント
  講演の部 午後1時より
           第1部 基調講演 「島崎藤村 心につながるふるさと」
                        講師 藤村記念館前副館長  牧野 氏
           第2部 パネルディスカッション
入場料は無料、お申込みは不要、ご参加は自由です。直接会場へお越し下さい。

駐車場はありませんので公共交通機関でお出かけ下さい。仙台駅から会場の
藤村広場まではおしゃれな歩道、“初恋通り”を通って徒歩4分くらいです。

* 仙台駅北側、名掛丁中央通り、アエル方面からお越しの場合は、
    名掛丁通を東へ向かい名掛丁地下通路を通って東口側へ4分位です。
* 仙台駅中央、ヨドバシ店へ通じる2F東西自由通路からお越しの場合は、
    仙台駅東口広場、BiViと交番の間の初恋通りを通って4分位です。
* 仙台駅中央、東西地下自由通路からお越しの場合はBiViのある3番出口
    から地上へ出てBiViと交番の間の初恋通りを通って4分位です。

主催:島崎藤村詩碑移設実行委員会



仙台駅東口 名掛丁 藤村(とうそん)広場
名掛丁 藤村(とうそん)広場 ここがイベント会場です  島崎藤村が下宿した三浦屋旅館の跡地です
蝶の絵柄は「若菜集」の表紙を題材にしています
MAP



【島崎藤村リンク】...............................................藤村記念館..................................................................................

...................................... EUREKA Square ◆文学散策◆ 島崎藤村 仙台の藤村..........................................

.................... 牧歌・ふるさとの詩・心の詩・ポエム・こんな形容詞が似合う・そんな詩人 島崎藤村.............

このページを閉じる  仙台市の賃貸@日本不動産